sekasuku | TOC思考プロセスをWebで | ソーシャル問題解決サービス

sekasuku
問題解決アプリ [セカスク] で
困ってる問題を今すぐ解決しよう


または アカウントを作って無料で問題を解決する

パスワードを再発行する 

どんな問題が解決できるの?


悩み相談サイトに投稿するような個人的な問題から、利益を増やしたいなどの企業の経営問題、犯罪率が高いなどの社会問題まで解決できます。

個人的な問題


悩み相談サイトに投稿するような問題

子どもの夜泣きでノイローゼ気味

家を買うか、賃貸で暮らすか迷う

趣味のバイクを買うか、将来に備えるか

高齢ペットを介護するか、安楽死させるか

仕事が忙しすぎてツラい

彼女が欲しい

子どもが勉強嫌いで困っている


 悩み相談サイトに投稿するように問題を投稿すると、他のユーザがTOC思考プロセスの論理ツリーを使って効果的な解決方法を一緒に考えてくれます。プライバシー設定を[承認したユーザのみ公開]にすれば、信頼している人だけで解決することができます。

企業や組織の問題


経営コンサルタントに相談するような問題

会社の資金繰りを改善したい

スタートアップのユーザを増やす

中小工場の経営を改善したい

昔ながらの食堂を流行らせるには

新人が仕事を覚えない

人間関係が悪いのを改善したい

事業を通じて社会の役に立ちたい


 sekasukuを問題解決支援アプリとして使えば、経営コンサルタントに相談するような問題も全体最適の経営戦略を自分たちで考えられて、明るい未来が訪れます。組織の秘密はプライバシー設定と暗号化通信によって外部に漏れることはありません。

社会や世界の問題


政治家やシンクタンクが考えるような問題

治安が悪いのはなぜか

在日外国人の犯罪が多い

中国が南シナ海を軍事化している

タックスヘイブンでの脱税を防ぐ

鉱物資源の価格低下で国が傾く

格差社会を公平な社会に

政治家がポンコツばかりで辟易


 社会問題の構造と解決方法をTOC思考プロセスの論理ツリーで分かりやすく表現してシェアすることで、簡単に共通認識にできます。政治家にマニフェストが社会問題をどうやって解決していくかを教えてもらうことができます。良い解決方法なら、その政治家はたぶん当選しやすくなります。

どうやって解決するの?



困っている人が投稿した問題を、問題解決専用ツールのTOC思考プロセスの論理ツリーを使ってみんなで協力して解決します。








あなたが困っている問題は、7ステップ (簡単な問題なら3ステップ) でスッキリ解決します。



  • 問題投稿の図

    ステップ1

    問題を投稿する

    自分が困ってることや、解決できたら良いな、と思っていることを投稿しましょう。

    個人的に困っていることでも、組織の問題でも、気に入らない社会問題でも、なんでも良いです。

    ほかの人が問題を見つけやすくするために、わかりやすいタグをつけましょう。

    お礼ポイントを設定して、解決者のやる気をアップさせることができます。

  • 現状問題構造ツリーの図

    ステップ2

    中核問題を見つける

    困っているその問題は、関連するたくさんの問題があったり、悪循環になっていたりしませんか?

    1つの問題を解決するだけで、たくさんの問題を一網打尽に解決してやりましょう。

    それにはすべての問題の発生源になっている中核問題を見つけるのがいちばんです。

    みんなで協力して現状問題構造ツリー(CRT)を作って中核問題を見つけましょう。

  • 対立解消図の図

    ステップ3

    解決策を考える

    なぜその中核問題は存在しているのか、中核問題だけに的を絞って理由を考えましょう。

    自分の思い込み、組織の主義、誰かとの意見の食い違いによって対立が発生していないでしょうか。

    みんなで協力して中核問題にまつわる対立解消図(CRD)を作って、対立の構造を明らかにしましょう。

    そして対立の原因になっている誤った仮定を排除し、win-winで対立を解消できる解決策を考えましょう。

    簡単な問題であれば、この解決策ですぐに解決できるはずです。

    まだ難しそうだと思ったら次のステップに進みます。

  • 未来構造ツリーの図

    ステップ4

    解決策を洗練する

    解決策はすごく良さそうに思えるけど、本当に解決できるのかな?と心配になるかもしれません。

    そんなときは未来構造ツリー(FRT)を作って解決策を洗練していきましょう。

    考えた解決策で問題をぜんぶ解決できるのか、解決策を実行することで新たな問題が出てきたらどうするのか、事前に検討しておきましょう。

    良い結果がますます良い結果を生んで行くように、悪循環の反対の"良循環"をツリーに設計しましょう。

    洗練された解決策を実行することで、どんな良い未来になっていくのかを関係者にプレゼンして、仲間を増やして行きましょう。

  • 前提条件ツリーの図

    ステップ5

    障害を乗り越える

    前のステップで検討した結果、解決策を実行するには障害や周りの人の抵抗が多すぎて「このままでは目標達成が難しい」と思うことがあるかも知れません。

    そんな時は前提条件ツリー(PRT)を作って、障害の乗りこえ方を考えておきましょう。

    最終目標達成に向けて、どんな障害があるかを列挙して、それをどう乗り越えていくのかを考えて中間目標を決めましょう。

    その中間目標を達成するための障害をまた列挙し、それをまたどう乗り越えるのかを次の中間目標にして、順番に掘り下げていきましょう。

    掘り下げた中間目標は考えた順番とは反対に、下から上に向かって順番に達成していくと、最終目標が達成できる道しるべとなります。

    (未実装)

  • 移行ツリーの図

    ステップ6

    計画を立てる

    前のステップで決めた中間目標を、どういうスケジュールで進めていくのか、移行ツリー(TrT)を作って実行計画をたてましょう。

    現在の状況を未来の最終目標にたどり着かせるために必要な、「誰が」「何を」「いつ」「どのように」を具体的に決めましょう。

    中間目標を次々に達成していく途中はどのような状況になるのか?を事前に知り、心構えを持っておきましょう。

    (未実装)

  • 問題解決の図

    ステップ7

    問題を解決する!

    恐れることはありません。あとは実行するだけです。

    前のステップで決めた実行計画にしたがって問題を解決しましょう。

    ほぼすべての問題が一気に解決していくさまを見て、ほくそ笑みましょう。

  • お礼するの図

    ステップ8

    お礼をしよう

    解決を手伝ってくれた人や一緒に考えて応援してくれた人に、お礼ポイントを貢献度に応じて山分けしましょう。

    コンテンツ化したときに、この貢献度の比率によって広告収益も山分けされます。

    (お礼ポイントは実装済みテスト中ですが、お金との交換はまだできません)

  • コンテンツ化するの図

    ステップ9

    コンテンツ化しよう

    問題解決事例をコンテンツ化して、同じような問題で困っている人にも解決策をシェアしましょう。

    シェアすることで他の困っている人を救うことが出来ますし、感謝されてお礼ポイントがもらえるかもしれません。

    コンテンツ化すると問題を投稿した人も、解決した人も、出資して応援した人も、貢献度に応じて広告収益が得られます。

    良い問題解決事例は視聴率が高くなり、お礼ポイントも広告収益も多くなります。


  • 次の問題解決

プレスリリースなど

コンセプトストーリー

プレスリリース

問題解決ってむずかしそう?

TOC思考プロセスとは

炎上しないで議論を進める

対応環境

問題を解決するために、無料でアカウントを作成しよう


以下のフィールドに記入してアカウント登録をしてください。







ボタンを押すと認証用メールアドレスに本人確認メールが届きます。
メール内のリンクをクリックすると本人確認され、アカウントが登録されます。