TOC思考プロセスとは

 

TOC思考プロセスのTOC(Theory of Constraints)は、日本語では「制約条件の理論」と訳されていてます。

これは企業や組織の目的(ゴール)の達成を阻害する「制約条件」を見つけ、それを克服するための「システム改善手法」と定義されています。

もともとは工場の生産改善手法として産まれた理論(ザ・ゴールにて紹介された)でしたが、「制約条件」を持つあらゆる分野に適用されて、そして有効にはたらきました。

思考プロセスは、TOCの元になっている「ものの考えかた」を体系的にまとめたもので(ザ・ゴール2にて紹介された)、どのような環境にも適用できる理論的な分析を通じ、スループットの向上を妨げている組織の制約を明らかにして、それを打破する方法論へと発展しました。

TOC思考プロセスは「何を変えるか」「何に変えるか」「どのように変えるか」という、シンプルな3つの問いかけに答えることによって、問題を解決する体系的な論理ツールです。

 

TOC思考プロセスの理論は、以下の4つの前提条件によって出来ています。

  1. ものごとはそもシンプルである ( Inherent Simplicity )
    ロジックそのものはシンプルである。
    しがらみや前提条件によって複雑になっていると思い込んでいるだけ。
  2. 人はもともと善良である (People are good )
    間違っている(変えるべき)のは人ではなく、前提条件のほう。
  3. 必ずWIN-WINの解決策がある ( WIN-WIN Solution )
    解決できないことは人のせいにする。
  4. 決して分かっているとは言わない ( Never say I know )
    ひとつ改善が成功したからと言ってそれで終わりではない。惰性に流されず、どのような状況でも飛躍的に改善することが出来る。

 

 

 

 

このTOC思考プロセスをWebで使えるようにしたものが、sekasukuです。

ぜひ使ってみてください。