ツリーが読みやすくなりました ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』


ユーザー各位

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』上で現状問題構造ツリー(CRT)を作成する際に矢印線を反対向きに書いてしまう人が多かったため、読みやすくするために「したがって」という文字がツリー矢印線の横に表示される仕様変更をおこないました。

 

Image3
ツリーの矢印線に「したがって」と表示される例

 

通常時に表示されると見た目が煩雑になるので、マウスホイールでツリーを拡大した時のみ表示されます。

思考プロセスのツリーの読み方に慣れている人でも、「したがって」が表示されているほうが読みやすいと大好評です。

引き続きsekasukuをよろしくお願いいたします。

サービス内容

ソーシャル問題解決システム『sekasuku(セカスク)』
正式オープン:未定(ユーザ限定受付中)
開発・運営:シマダ機工有限会社
URL: http://sekasuku.com

開発運営会社概要

名称:シマダ機工有限会社sekasuku事業部
本社住所:愛知県小牧市野口1866-5
設立:1973年4月1日
資本金:5,000,000円
代表者:代表取締役 嶋田 吉晃
運営会社HP: http://マシニング加工.com

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:嶋田 吉晃(シマダ ヨシアキ)
TEL:0568-79-1751
FAX:0568-79-3659
E-mail:yoshiaki@shimadakiko.com

問題を解決するために、無料でアカウントを作成しよう

アカウント作成

無料トライアルでTOC思考プロセス体験

無料トライアル